再会・再開?

マツムシソウです。 ずいぶんご無沙汰してしまいました。 いろいろあって、何かと落ち着かない半年でした。 転勤で、2年ぶりに長野市の自宅に戻りました。 毎日、北アルプスの「常念岳」を、見上げていた日々から、 すでに半年が過ぎようとしています。 「もう少し生きたい」 と、介護を受けながらでしたが、少しでも身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつもの・・・

今朝の「前山連山」です。 いつもの風景ですが、毎日違います。 今日は、とある大型店の屋上Pから撮影しました。 地元の人と酒を飲むと、常念岳の話がよく出ます。 「うちから見える常念が、一番」っていう人が多いんです。 それだけ、この景色は愛されているんです。 どの町にもその町のシンボルというか、象徴的な風景や山が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新春に・・・

新年 あけまして おめでとうございます 今朝の 「常念岳」 です。 昨年来、ほとんど雪が降らず、雪化粧も例年に比べてずいぶん遅かったようですが、 さすがに、気温が下がると、凛とした姿を見せてくれます。 今朝の気温は、マイナス1度くらいでしょうか。 お正月にしては、温かい方かも・・・ そういえば、仕事納めの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪化粧

常念岳山頂(標高2,857メートル)から望む、北アルプス、槍・穂高連峰です。 すっかり雪化粧をして、真っ白になっていました。 今回、常念岳から蝶ヶ岳までの稜線を縦走してきました。 まずは、安曇野市穂高の一の沢から常念小屋を目指します。 登山口は、約1,200メートルで、常念小屋は2,400メートルと聞きましたので、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の気配

猛暑続きだった日々が、嘘のように、すっかり秋景色になってきましたな。 このところ、時々お邪魔している「長峰山」から見下ろした「安曇野」です。 ススキの向こうの田園地帯は、少し、黄色味を帯びて、黄金色に近づいてきたように感じます。 このところ、雨続きで、ちんちんに焼けた大地も、少し冷めたようで、 朝夕は、すっかり涼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燕岳 Part2

登山道から望む燕岳です。右側は、北燕岳。 合戦小屋から燕山荘までの間に続く、「合戦尾根」からのワンショットです。 合戦尾根の「頭(かしら)」と呼ばれるところは、樹林帯から尾根に出て、少し開けているところなのですが、そこに、こんな、不思議な枯れ枝がありました。 まるで、タツノオトシゴのようです。 そして、そこから、前山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

燕岳(つばくろだけ)

行ってまいりましたぞ。燕岳(つばくろだけ)。 花崗岩が雨や風で風化を続けている山ですが、 風化した白い花崗岩が、そこかしこに見事な造形を見せてくれます。 山は、花崗岩の白とハイマツの緑が白と黒のコントラストのように見え、 美しい山です。 「アルプスの女神」とも言われる所以ですな。 安曇野は穂高有明の「中房温泉…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

里山トレッキング

安曇野「東山」からの眺望です。 夕方近くだったので、残念ながら、アルプスの景色はイマイチですが、 「あづみ野」を挟んで、北アルプスの反対側(東側)の里山連山を、 「東山」と呼んでいます。 見下ろしているところは、安曇平野です。 写真に書き込みをしましたが、 やがて千曲川に合流し日本海へと流れ込む、実は、日本で一番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おひさまの郷

何年か前にやっていた朝ドラ「おひさま」は ここ「安曇野」が舞台だったんですよ。 この季節に限らず、田園風景は、毎日変わります。 山の風景も、日に日に夏山に近づいてきますな。 上の写真は、10日ほど前の景色ですが、 今朝はこんな感じ。 蝶ヶ岳に、蝶の雪形が現れました。 快晴の青空に映える「蝶」をご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行者ニンニク

今年も、季節の風味をいただきました。 行者ニンニク です。 今年は、少し量がありましたので、 おひたし。あぶら味噌。たまり漬け。と いろいろ楽しませていただきました。 おひたしは、こんな。 ほんのり甘みがあって、独特のにおいは、すこし柔らかくなります。 写真はありませんが、今日のお昼には、 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田園風景Part2 「大糸線」

例年になく早めの代かきが始まったかと思ったら、 田植えも始まっていました。 今日は、この写真からご覧ください。 JR東日本の大糸線は、田園の中を、のんびり走っていきます。 前日見つけた撮影ポイントで、朝の列車が来るのを待つこと約15分。 撮影チャンスは、ほんの十数秒です。 動くものを思ったように収めるのは、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田園風景・・・

明日(5/6)は立夏・・。 いよいよ、季節は「初夏」ですな。 先日は、4月には珍しく、長野県内でも真夏日を記録したようで、 例年になく、季節の移ろいが早いようです。 連休も終盤になってしまいましたが、 今日は、安曇野の田園風景をご覧いただきましょう。 安曇野市三郷(みさと)付近からの風景です。 常念岳の雪形も、すっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春も終わりが近づいてきましたね。

桜も終わりましたな。 この週末は、気温も上がって、 一足早い「初夏」気分です。 なんだか、春が足音高らかに去っていく感じがします。 先日、おすそ分けをいただきました。 富山湾の春の味覚・・「ホタルイカ」です。 堤防から網で獲れるのは、5月の連休くらいまででしょうか。 新潟県は糸魚川の姫川港が北限とも聞きます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつの間にか・・・桜

信州安曇野にも、ようやく桜の花便りが届きました。 若干二日酔い気味の朝、 カーテンを開けて窓の外を見ると、 ご覧のように、桜の花が、ぽつぽつと咲き始めていました。 このあたりでは、例年4月10日前後ですから、 一週間くらい早いようです。 そういえば、先日まですっぽりと雪景色だった常念岳も ここへきて、急に雪解けが進…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年

新年 明けましておめでとうございます 昨年中 当サイトにお越しいただいた皆様には 改めて感謝申し上げます このところ更新がままならない日々が続いていますが 少しずつ 安曇野の春を届けていきたいとおもっています 今年も よろしくおねがいいたします 安曇野は、常念で始まり、常念で終わる。。。といったところでしょうか。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

雪化粧

寒い日が多くなりましたな。 さすがに、平地の雪は、もう少し先でしょうが、 今朝の常念は、すっかり雪化粧してました。 久しぶりの景色です。 10月も下旬になると、3,000m級の山々は、すっかり雪化粧してましたが、 2,600m~2,700mの「前山連山」は、まだ、秋の景色を残していました。 これは、10月26日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の名残を美味しく・・・

青いミニトマトのカレーピクルスです。 夏の間、たくさん赤い粒を生み出してくれた ミニトマトの木も、 さすがに、葉も枯れ始めてきましたな。 猛暑日の午後。 いくつか収穫しては、氷水に浸け、 かる~く塩を振っていただけば、 噴出した汗を、補充するに余りあるミネラルでしたが、 整理したところ、結構な青トマトが収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蝶ヶ岳

行ってきました。 前山連山の一角。「蝶ヶ岳」 まずは、これをご覧いただきましょう。 蝶ヶ岳、常念岳、大天井岳、燕岳・・・といった、北アルプス前山連山のマップです。 仕事の合間。 準備も万端に蝶ヶ岳にアタックしたのですが、 たかが、2,677メートル。 されど、2,677メートル。 といったところでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

里山トレッキング

標高912メートルの、「光城山」(ひかるじょうやま)へ行ってきました。 かる~く、足慣らしのつもりが、 意外ときつくて、 運動不足を思い知らされました。 光城山については、こちらを参考に。。。 http://www.mtlabs.co.jp/shinshu/hike/hikarijy.htm そして、上の写真は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ようやく・・・

2か月経ちました。(*^□^*) と、ある造り酒屋のおばあさんのレシピを見ながら 奈良漬に挑戦しました。 2か月経ったら味見をしましょう。。。と書かれていて、 実は、1か月くらい前から「味見」していますが。。。 そんなわけで、簡単レシピをご紹介。 (もう、瓜は手に入りませんので、来年のために) まず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more